こっそりシワを消す|注射するだけ!簡単なボトックス

レディー

瞼が重く大きく開かない

目元に触れるウーマン

瞼の筋肉の異常でおきる

瞼が大きく開かないため、視界不良となる症状を眼瞼下垂と言います。眼瞼下垂は大きく分けて二つあり、遺伝による先天性のものと加齢等による後天性のものがあります。先天性のものは瞼の筋肉や神経に異常が出るような遺伝子を受け継いでいるのが原因で発症します。一方、後天性の眼瞼下垂は、加齢や目の酷使などで、瞼の筋力低下や皮膚が緩むのが原因となっています。眼瞼下垂の多くが後天性のものとなっています。眼瞼下垂は片目だけの場合と両目の場合がありますが、片目のみの症状が多くみられます。視界が悪いと上向きになり、瞼をさらにいっぱいに開こうとするため、眉間やおでこの皺が深くなります。その他、眼瞼下垂によっておきる症状では、頭痛や肩こりを併発することもあります。顔の上半分の老化が進むことになります。

整形手術で改善する

眼瞼下垂の手術には二種類あります。切る方法と切らない方法です。切る方法は遺伝による先天性のものとか、瞼の筋肉の衰えが激しいものに適用されます。瞼をきっちり開くことが目的の手術ですが、片目だけが手術を必要としたものであれば、両目のバランスという外面的にも留意する必要があります。切らない方法は、症状が軽度な患者に対応したものです。瞼の裏側の結膜を縫い縮める治療ですので、メスを使わず傷跡も残りません。来院した日に治療を受けることも出来、入院もする必要もありません。眼瞼下垂の手術は、病名によっては保険を適用することもできます。美容外科や医院によって対応もさまざまですから、口コミ等の情報を多く集めることが大事です。